I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

ディートかイカリジンか、サラテクト リッチリッチ30とスキンベープミスト イカリジンプレミアムの体感効果比

本ページは商品、サービスのリンクにプロモーションが含まれています

虫が多くなる季節になると、アウトドアはもちろんちょっとした外出でも欠かせないのが虫除けスプレー。

先日紹介したおにやんま君はお守りみたいなものでしたが、本当に守ってくれるのはこっちです。

2016年にこれまでの虫除け(忌避剤)の主成分だった「ディート」の濃度を30%まで高めた市販の虫除け剤が解禁となりました(第2類医薬品扱い)。さらにそれまでは国内承認されてなかった「イカリジン」を最大15%まで含む忌避剤も販売されるようになりました。

ディートとは | 虫よけ剤サラテクト | アース製薬
イカリジンとは | 虫よけ剤サラテクト | アース製薬

  • ディートってどの虫に効くの?
    • ディートは日常生活に潜む様々な害虫に効果を発揮します。マダニなどのニュースで話題になったあの虫、おでかけの際に気になる蚊やアブ・ブユ(ブヨ)など、実に多くの種類に対応しているのです。
  • イカリジンってどの虫に効くの?
    • イカリジンは同じ虫よけ成分であるディートと同等の効果があり、蚊やマダニなどに効果を発揮します。ですが、ディートの方が対策できる虫が多いのが現状です。

ディート30%の虫除けは発売当初からかなり効果があると、ツイッター山クラスタなどでも話題になっていたこともあり、自分も数年前から使っています。具体的にはアース製薬の「サラテクト リッチリッチ30」。
医薬品 サラテクトミスト リッチリッチ30 200mL | 虫ケア用品(殺虫剤・防虫剤) | アース製薬 製品情報

フマキラーの「スキンベープミスト プレミアム」も同様のディート30%虫除けスプレーです。
医薬品スキンベープミスト プレミアム 200ml|殺虫剤|フマキラー製品情報サイト

さらに昨年あたりからイカリジン配合の虫除けスプレーの効果も話題になることが増えました。これら強めの虫除けは、アウトドアブームと合わせてマダニ感染症の報告増加もあり、需要が増しているように感じます。
ディートで忌避効果があると言われてる「蚊、ブユ、アブ、ノミ、イエダニ、マダニ、トコジラミ、ヤマビル、サシバエ」に対し、イカリジンは「蚊、ブユ、アブ、イエダニ、マダニ、トコジラミ、ヤマビル」と、ディートの方がやや効果のある虫が多いようです。

ディート剤は腕時計のバンドやスマホケース等、プラスチック製品に付着すると変色させてしまうことがありますが(以前うっかりPRO TREKにかけてしまいバンドやベゼルに白点状のシミが……)、イカリジンの方がプラスチックへの影響は少ないそう。また皮膚への刺激もマイルドとのこと。

その他にも、ディート30%では使用年齢が12際歳以上と制限があるのに対してイカリジンは子供から使えること、服の上からのスプレーも(素材によるものの)イカリジンは可能となるなどの違いがあります。

「サラテクト リッチリッチ30」の効き目に特に不満はなかったものの、今シーズンは同時にイカリジン配合の虫除けスプレーも使ってみることにしました。製品は「スキンベープミスト イカリジンプレミアム」。
スキンベープミスト イカリジンプレミアム[イカリジン配合]200ml|殺虫剤|フマキラー製品情報サイト

その他、「天使のスキンベープミスト プレミアム」も同様にイカリジンの濃度は15%の虫除け。同じメーカーのディート15%同士ですが、何が違うのでしょうね……。
天使のスキンベープミスト プレミアム[イカリジン配合]200ml|殺虫剤|フマキラー製品情報サイト

蚊に対する効果は大差ないかも?

ということで先月から外出のたびに、1種類の虫除けを全身に塗った場合、2種類を半身(身体の左右)ずつに塗布した場合の効果を記録しているのですが、今のところ蚊に対しての効果はかなり拮抗しています。

刺されるときは刺されてしまうものの、概ね塗布から数時間程度の時間に関しては神社の周辺や緑道などを歩いても蚊に刺されることはありません(虫除けを塗らないと結構刺される場所です)。

夜間の緑道でセミ観察をしている際はさすがに刺されやすくなるものの、それでも塗布から3時間程度の間はほぼ無傷なことが大半。重ね塗りをせずに8時間ほどの間に何度か外出した際は、ラスト1時間に一気に刺されてしまいましたが、これはディートもイカリジンも同様の結果。

効果の持続性はどちらの薬剤も5〜8時間程度とのことですが、今の時期は外で活動していると汗で流れてしまうこともあるので、3〜5時間程度で重ね塗りをするのが安心でしょう。
蚊以外のブヨやアブに対してはまた別の効果があるかもしれませんが、市街地で蚊避けを目的に使う分には、ディート、イカリジンどちらの虫除けスプレーもそれなりの効果が期待できそう。

個人的にはディート30%剤にはかなり絶大な信頼を持っていたので、半分の濃度である15%のイカリジンにどれだけ……? とやや半信半疑だったものの、しっかり体感できるレベルの効果はありそうです。

さらに長期間使ったらまた感想も変わるかもしれませんが、とりあえず現状はこんな感じ。今後明らかに違いを感じるようなことがあれば追記したいと思います。

あとは製品(メーカー)の違いによる香料等の調合の違いもありそうですが、「サラテクト リッチリッチ30」の方はスプレー時にムセやく、塗布後の肌は薬剤を塗ってる感が強い(少しテカテカする感じ)のですが、「スキンベープミスト プレミアム」は香りが優しく肌触りもサラッとしていて使いやすい印象があります。
同じフマキラーの「スキンベープミスト プレミアム」だと同じディート30%でも何か違うのか、次回試してみてもいいかもしれません。

最後にメーカー的にはNGな使い方になりますが(特にディートは)、両方の虫除けは無印良品のポリエチレン小分けボトル(アルコールOKのボトル、PET素材のものはアルコール不可)に小分けにして、外出時の携行用として使っています。シールの色でサラテクトとスキンベープも見分けがつくように。

しばらく効果の比較のために増し塗りには使っていませんでしたが、効果に関してはどちらもそこまで変わらないようなので、これからは増し塗りにも積極的に使ってみることにします。