I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

雪の日の東京 野川、雪の中で過ごす野鳥たちの様子を覗いてきた

2月10日(木)、朝から東京を含む広範囲に降雪がありました。

f:id:OKP:20220210234921j:plain

都内に降る雪は今年に入って2回目。先月の降雪では多摩動物公園(現在は休園中)や高幡不動尊を訪れましたが、今回は昨年からずっと歩いている野川で野鳥たちが雪の中どのように過ごしているか観察に行ってみることにしました。動物園も楽しいですが、野鳥はなんといって最も身近な野生動物です。

普段は平日でも数人は野鳥の観察、撮影目的の人を見かける野川ですが、この日は一度だけ犬を散歩する人とすれ違った以外はほぼ人と合うこともなく、雪の中の野鳥たちを探して過ごすことができました。武蔵野台地の住宅地を流れる野川ですが、歩く度に身近な自然の豊かさを感じることとなります。

f:id:OKP:20220210234752j:plain

当初は朝から出かけようかと思っていましたが、午前中雪というよりはみぞれ状態だったので、しばらく自宅で様子見。昼前から徐々に雪っぽくなってきたので出発。積もるような雪ではなさそうなので、時間もないことだし車で出発(都内での降雪では、スノータイヤ未着用車による貰い事故が恐い)。

降雪は昼過ぎから午後に掛けてピークとなり、河川敷にもうっすらと雪が積もりましたが夕方にはまたみぞれ雪に。今回はそんな積雪の雰囲気も伝わるように時系列で野川の雪と鳥たちの写真を貼って行きます。

河川敷に出るといきなりのカワセミの姿。みぞれからようやく雪っぽくなってきた感じ。実は前日にカメラの設定を変えていて最初ISO12800で撮ってしまいましたが、Pure RAWを使ったら結構見られますね。

f:id:OKP:20220210234608j:plain

この日、あちこちで見かけたコサギ、雪の中元気にガサガサしています。

f:id:OKP:20220210234613j:plain

野川で一番多い鳥(遭遇率で)といえばカルガモ。

f:id:OKP:20220210234617j:plain
f:id:OKP:20220210234622j:plain

モズも雪の中元気に飛び回っています。

f:id:OKP:20220210234627j:plain

いつも同じあたりに1羽だけ居るハシビロガモのメス(?)、同じ個体なのかな。

f:id:OKP:20220210234631j:plain

雪が降る川にポツンとコサギ。

f:id:OKP:20220210234636j:plain
f:id:OKP:20220210234641j:plain

またカワセミ。雪の中でもいつもどおり狩りをしているんですね。

f:id:OKP:20220210234645j:plain

ポツンとコサギ。

f:id:OKP:20220210234650j:plain

カルガモの中にコサギ。かわいい。

f:id:OKP:20220210234655j:plain

ジョウビタキオス。まんまる。

f:id:OKP:20220210234659j:plain

ミミズを食べるジョビさん。

f:id:OKP:20220210234705j:plain

コサギカルガモ天国。

f:id:OKP:20220210234710j:plain

雪とカワセミ、少し周囲の枝がガチャガチャしてるかな。

f:id:OKP:20220210234714j:plain

見慣れた野川のカワセミですが雪が降っているだけで普段と違う雰囲気に……。

f:id:OKP:20220210234718j:plain

雪の中でもお魚ゲット。

f:id:OKP:20220210234722j:plain

1/500以上のシャッタースピードだと雪は止まって写ってくれます(後半暗くなるにつれ雨のように見える)。

f:id:OKP:20220210234728j:plain
f:id:OKP:20220210234733j:plain

プロキャプチャーも少々(防寒テムレスでシャッターコントロールが難しい)。

f:id:OKP:20220210234737j:plain

1羽だけうずくまってるヨシガモのメス?

f:id:OKP:20220210234742j:plain

セグロセキレイ。

f:id:OKP:20220210234746j:plain

オオバン。

f:id:OKP:20220210234757j:plain

こっち見た。

f:id:OKP:20220210234802j:plain

ムクドリとカラスの戦い!?

f:id:OKP:20220210234807j:plain

ラーメン休憩を挟みます。

この頃が降雪のピークだったでしょうか。河川敷にもうっすらと雪が積もってきました。

f:id:OKP:20220210234812j:plain

今日はカワセミ遭遇率高め? かなり雪が降ってる感出てきましたね。

f:id:OKP:20220210234817j:plain

マガモカップル。

f:id:OKP:20220210234822j:plain

キセキレイ。

f:id:OKP:20220211021620j:plain

ハクセキレイ。

f:id:OKP:20220210234826j:plain

コガモ。普段はカップルが多いのですが、珍しく大小2羽のオスが仲良く並走してました。

f:id:OKP:20220210234832j:plain

アオサギ。

f:id:OKP:20220210234837j:plain

ハクセキレイ飛ぶ。

f:id:OKP:20220210234842j:plain

橋の裏でカワセミが雨宿り(雪宿り)。

f:id:OKP:20220210234846j:plain

ゴミだらけの背景も雪の日はなんとなくそれっぽく見えるような……?

f:id:OKP:20220210234851j:plain
f:id:OKP:20220211022751j:plain

足元がかなり滑りやすくなってきたので、うっかり転ばないように(レンズを折らないように)気をつけます。

f:id:OKP:20220210234901j:plain

何度目かの雪とカルガモ。こういう写真は本当にこの日しか撮れない。

f:id:OKP:20220210234906j:plain

雪というより雨の日のような雰囲気(そういえば雨の中の鳥も一度ちゃんと撮りたい)。

f:id:OKP:20220210234911j:plain

頭ツンツンのカワウ。

f:id:OKP:20220210234915j:plain

そして冒頭の写真。これは15時過ぎでした。カワセミが枝にとまっているのが分かりますか?

f:id:OKP:20220210234921j:plain

ここに居ます。

f:id:OKP:20220210234926j:plain

カモかも。

f:id:OKP:20220210234931j:plain
f:id:OKP:20220210234936j:plain

カメラは雪まみれ…… ではなくびしょ濡れです。気温はそこそこ低いのですが、水っぽい雪なのですぐに解けてしまう。1月の動物園のときとは違って靴や荷物もびしょ濡れ、スノーシューズでなく防水のトレッキングシューズや登山靴を履いてくるのでした。

f:id:OKP:20220210234941j:plain

ツグミさん。

f:id:OKP:20220210234946j:plain

ふっくらしててかわいい。

f:id:OKP:20220210234950j:plain

梅が咲いていました。

f:id:OKP:20220210235000j:plain

雪と梅。

f:id:OKP:20220210234956j:plain

まんまるなシジュウカラ。

f:id:OKP:20220210235005j:plain
f:id:OKP:20220210235010j:plain

まんまるなヒヨドリ。

f:id:OKP:20220210235015j:plain

まんまるなツグミ。

f:id:OKP:20220210235020j:plain

ムクドリの木。

f:id:OKP:20220210235026j:plain

かなり暗くなってきました(16時40分)。ここにもカワセミ居るのが分かりますか?

f:id:OKP:20220210235031j:plain

この日最後のカワセミ。シャッター速度がかなり遅くなってるのでもう雪に見えませんね。

f:id:OKP:20220210235036j:plain

というかこの時間、再び雪はみぞれ混じりになっていたのでした。

f:id:OKP:20220210235041j:plain

精悍なアオサギアップで終了です。

f:id:OKP:20220210235046j:plain
f:id:OKP:20220210235050j:plain

以上、昼過ぎから薄暗くなるまで途中昼飯を挟んで雪の中の野鳥ウォークを堪能した雪の日でした。
人が居ないせいもあるのか、鳥たちの姿はいつもより多いぐらいで、どの鳥たちも盛んに餌を探したりついばんだりと活発に活動している様子を見せてもらうことができました。

f:id:OKP:20220211144257j:plain
帰宅時、車の雪はこの程度。路面はほぼ雨の日

ひとつ失敗してしまったのは、今回はレインウェアを着ていたのですが、山用の派手なオレンジ(濡れたカメラの写真に袖だけ写ってます)の色のせいか、普段より遠い距離でも鳥に警戒されたり、歩いているだけで逃げられてしまうことがあったこと。いつもは黒いソフトシェルを着ているのですが、まさかここまで反応が違うとは…… やはり登山と野鳥観察用途ではウェアを変えた方が良いのかも。

こんな記事もあります