I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

2021年、春の野川で桜と菜の花とカワセミと……

今年の1月からほぼ毎週通っている東京の野川。先日も2週続けて流域を上流部から多摩川まで歩いたばかりですが、それとは別にいつもの散歩エリアで春の野川の光景をスナップしてきました。

f:id:OKP:20210405111825j:plain

先週の前半、桜も満開を迎えて風が吹けば桜吹雪が舞い散る野川の河川敷を歩きながら、いつのようにカワセミを始めとする鳥たちを探しながら歩きました。よく考えたらここまで同じエリアに連続して通い続けながら、写真を撮っているのも私にしては珍しいことかも……?

f:id:OKP:20210405111616j:plain

野川の桜は有名な桜スポットのように両側から川面を埋め尽くすようにある訳でもなく、結構控えめにポツポツと…… 一部親水公園的なスポットには多めにまとまってますが、散歩していると川辺の菜の花の黄色に新緑、桜のピンクがバランス良く(?)目に入ってくる感じ。

f:id:OKP:20210405113058j:plain
f:id:OKP:20210405111644j:plain

桜の枝に止まるカワセミが見られたらいいな……と思っていましたが(冬の間にカワセミがとまる桜の木は数本確認はしていたのですが)残念ながらそのような光景は見られませんでした。

f:id:OKP:20210405113104j:plain

それでも徐々に目立ち始めた新緑の中に佇むカワセミの姿はまさに春そのもの。当初は見つけることに苦労していた鳥ですが、今はかなり広範囲に縄張りがあることも分かったので、丹念に歩いていればほぼ毎回会えることも分かりました。あとはやはり鳴き声で見つけられることも増えたかも。

f:id:OKP:20210405111732j:plain

飛んでる姿のように見えるけど実は止まったままの羽ばたき。羽根を閉じていると丸っこくて可愛い姿ですが、羽を広げると本当に美しい鳥。そのギャップに魅せられてしまう人も多いのでしょうね。

f:id:OKP:20210405111626j:plain
f:id:OKP:20210405111632j:plain
f:id:OKP:20210405111621j:plain

この控えめな黄色とピンクのバランスが好きです。

f:id:OKP:20210405111639j:plain

せっかく望遠レンズを持って歩いているのだから、こういう切り取りもできますね。

f:id:OKP:20210405111650j:plain

菜の花の額縁に囲まれたコサギ。

f:id:OKP:20210405114254j:plain

ダイサギ(とよく見るとカルガモ)。

f:id:OKP:20210405111609j:plain

向こうから目の前に飛んできてとまってくれたカワセミ。

f:id:OKP:20210405111701j:plain

思わずレンズのズームを少し引いてしまったぐらい。

f:id:OKP:20210405111706j:plain
f:id:OKP:20210405111711j:plain

近くから大きく撮れると嬉しいですが、狩りのスピードには付いて行けなかったり……

f:id:OKP:20210405111716j:plain
f:id:OKP:20210405111721j:plain
f:id:OKP:20210405111726j:plain

ペアのカワセミ。顔が隠れている方がオスですね。

f:id:OKP:20210405111737j:plain

オスが飛んで行ってしまいました。

f:id:OKP:20210405111742j:plain
f:id:OKP:20210405111748j:plain

コガモのカップル。メスにも綺麗な緑の羽根があるんですね。今まで気づきませんでした。

f:id:OKP:20210405111813j:plain
f:id:OKP:20210405111819j:plain

飛んでいったオスが戻ってきました(けど今度はメスが何処かに行ってしまった……)。

f:id:OKP:20210405111755j:plain
f:id:OKP:20210405111801j:plain
f:id:OKP:20210405111807j:plain

遠くの桜吹雪を撮るのに望遠レンズは便利ですね。

f:id:OKP:20210405111831j:plain

楽しい春の散歩でした。先週末から我が家もようやく登山を再開したので、探鳥散歩の頻度は少し減ってしまうかもしれませんが、機会があれば引き続き野川の鳥たちの姿も覗かせて貰いたいと考えています(山を歩いていても、すっかり鳥の鳴き声が気になるようになってしまいました)。

f:id:OKP:20210405111839j:plain
f:id:OKP:20210405111655j:plain
f:id:OKP:20210405111844j:plain

こんな記事もあります