I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

小雨の中を歩く、京王百草園のアジサイが思いの外良かった

日野市にある「京王百草園」でアジサイを見てきました。お隣の高幡不動尊のアジサイはよく見に行ってましたが、この季節の百草園を訪れるのは初めてです



京王線 百草園駅から徒歩10分の日本庭園

これまでも何度か訪れてこのブログでも紹介していますが、東京都日野市にある日本庭園の「百草園」。現在は京王電鉄が所有、管理しているので「京王百草園」が正式名称、最寄り駅は京王線の「百草園駅」です。

百草園駅からは徒歩約10分ほど、駐車場はなく都道41号沿いにコインパーキングはありますが、駅前のためか埋まっていることが多いかも。
百草園は多摩丘陵の斜面に作られた日本庭園なので、百草園まではひたすら上り坂が続きます。

こんなとこにも小さなアジサイ。多摩丘陵の斜面から染み出しているのは湧き水でしょうか。

京王百草園の入り口。

入園料は大人300円、水曜定休です。受付には人が居たり居なかったりで、居ない場合は料金箱に入園料を投入するゆるいシステム。お釣りやチケットが必要な場合は、茅葺屋根の松連庵に行けば人が居ます。


「京王百草園」丘陵の斜面に点在するアジサイたち

庭園は多摩丘陵の東向きの斜面に作られているので、園内にはまあまあの高低差があります。


アジサイは園内の全域に点在していて、今が丁度見頃といったところ。



種類も構ありますね。



少し雨がパラついてますが、ここのアジサイは雨の中が良いかも?


山の中のアジサイ園といった雰囲気で趣がありますね。歩きながら心の中で「いいぞ、いいぞ」と。



なんかこう、派手じゃないのがむしろ良い。


いつもながら見事な松の木は樹齢300年を越えるという「寿昌梅」、この辺りが百草園の真ん中。

目の前には「松連庵」。お茶屋やまんじゅうで休憩できるみたい。


名札付きのアジサイたち。ディープパープル、ファイアボール!


このあたりは山アジサイでしょうか? 線香花火のような儚げな雰囲気が好き。



この地味さがたまらない。

アジサイといえばクモですね?(毎度撮ってる)


うーん、良い。平日なので人が全然いないのも良い。


見晴台方面は雨の日は足場がぬかるむので注意。アジサイも咲いてないのであえて行かなくて良いかも(雨の日は展望もありませんし)。

でもこれはこれで。

園内を下って、下って……



紅葉時期も楽しみな百草園。

百草園のアジサイ、思いの外良かったです。毎回つい高幡不動尊に行ってしまいますが、庭園のこぢんまりとした雰囲気と、控えめな渋さがなんとも言えません。

今年はアジサイの見頃が少し遅かったようで、ようやく良い感じに花が咲いてきたようなので、もう少し梅雨が続いてくれると嬉しいのですがどうなることでしょうか。

データ:京王百草園

  • 所在地:〒191-0033 東京都日野市百草560
  • 開園時間:9:30~17:00(11月〜12月は16:30閉園)
  • 水曜休園(祝日の場合は翌日)
  • 入園料:大人300円
  • 公式サイト:https://www.keio-mogusaen.jp/index.html


こんな記事もあります