I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

iPhone 8ユーザーがiPhone SE (第2世代) を買ってみた理由やその他雑感いろいろ

最新スマートフォンを次々に乗り換えるガジェットブロガー的振る舞いからはiPhone X世代(2017年)の時点で早々に脱落してしまった私……。ここ1年は、妻がPixel 3に乗り換えた際に使わなくなったiPhone 8を譲り受けて使っていましたが、先日iPhone SEの第2世代が発売されたこともあって買ってみました。

f:id:OKP:20200503001610j:plain

4台目の4.7インチiPhoneへ買い換える理由

初の4.7インチiPhoneであるiPhone 6以降、iPhone 7→iPhone 8と物理ホームボタンを持つ同じサイズのiPhoneを使ってきた私。最新スマホ勢の大型ディスプレイ、複数レンズにカメラ性能は気になるものの、普段の使用においてはiPhone 8で特に不満もなく、今となってはコンパクトなサイズ感もありがたい。

f:id:OKP:20200502154019j:plain
4インチスマホ比で大きいと感じていた頃が懐かしい……

ただし、iPhone 8は妻のお下がりで2年以上使っていることもあってバッテリーのヘタリがやや気になります([バッテリーの状態]で84%表示)。雪山でもよく落ちてましたし……。

さすがにどこかでFace IDを受け入れてiPhone 11系に乗り換えることになるかと思っていましたが(広角レンズも使いたいし)、ホームボタン付きのiPhoneが新たに出るならそれでいいか…… ともう1世代4.7インチで延命することにしました。しばらくは新型コロナ騒動もあってマスクの欠かせない生活にもなりそうですし、Touch IDはまだまだ実用性があるのかなと。

f:id:OKP:20200502153958j:plain

あとは数年周期で、スマートフォン、デジタル一眼カメラ、タブレット等を最新モデルに買い換えるのが当たり前になっているループから少し距離を取りたいなと思っているのもひとつ。

少し冷静になるとどれも10年前の自分にはなかった習慣で、定期的なデジタルガジェットの買い換えなんてせいぜいPCぐらいだったな…… と思うと、1〜2世代ぐらいは様子見するのもいいですし、安く上がるならそれに越したことはありませんし。

iPhone SE(第2世代) 128GB ブラック

今回購入したのは128GBのモデルで価格は49,800円、それに「AppleCare+盗難・紛失プラン for iPhone SE」(10,800円)も付けました。4月17日に予約(スタートから数時間遅れ)して、発売日の24日には届きませんでしたが、26日の朝に自宅に配送されました(違う荷物と勘違いして夜まで放置していました……)。

f:id:OKP:20200502021727j:plain

色の選択肢はブラック、ホワイト、そして「(PRODUCT)RED」ですが、ここは無難にというかiPhone 4以来、久々にブラックをチョイス。せっかくのバックパネルの色もどうせケースを付けてしまうのであまり関係ないですし。

f:id:OKP:20200502021732j:plain

開封や付属品など。そういえばSIMカードピンの形状が、針金状のものに変わっていました。

f:id:OKP:20200502021737j:plainf:id:OKP:20200502161838j:plain
f:id:OKP:20200502161833j:plain

あとLightning → ステレオミニジャックの変換ケーブルは付属していません(写真は以前のもの)。自分も滅多に使うことのないアイテムですが、バンドのスタジオ練習でiPhoneから音を出そうとした際に、リハスタ常設のステレオミニプラグが繋げなかったりするのでないとないで困る。

f:id:OKP:20200502161844j:plainf:id:OKP:20200502161849j:plain

背面はiPhone 8同様のガラスパネルで「iPhone」のロゴすらなくなってアップルロゴのみに。というかいつになったら、落としても割れないスマートフォンになるのでしょう……。

f:id:OKP:20200502021753j:plain

スマートフォンのケースはいつまで必要?

当たり前のようにアップル公式でiPhoneケースが売られているあたり、(ほぼ隠されてしまう)スマートフォンのカラバリとは一体……? みたいな気持ちにもなってしまうのですが、そんな保護ケースの装着が前提の運用をしているのも事実。

f:id:OKP:20200502021814j:plain

iPhoneが電子マネー(ApplePay)に対応してからもう数世代となりますが、ケース内にお守り代わりに現金を入れておくのは未だに欠かしません。うっかりスマホだけ持って買物に出掛けてしまった際に、この現金に救われたことが何度かあるので。

紙のお金を入れてるので風呂場などにiPhoneを持ち込む際には当然ケースを外すことになるので、ある程度着脱が容易なケースが必要(iPhone 7時代からほぼ同じシリコンケースを5〜6回買い換えています)。

あとはリングストラップを付けられる穴が開いていることは自分の場合は必須です。まあ、落としても割れないスマートフォンならストラップもケースも不要なんですけどね……。

f:id:OKP:20200502235337j:plain

個人的に気に入って何度も買っているシリコンケース。山で落としても安心(?)な耐衝撃と現金を入れられる適度な遊び、着脱のスムーズさ、ストラップホール付きとほぼ理想型なのですが、半年ぐらいで加水分解が始まってベタベタしてくるのが難点(笑)

Simplism iPhone8 / iPhone7 ケース [Cushion] 衝撃吸収 シリコン ブラック

Simplism iPhone8 / iPhone7 ケース [Cushion] 衝撃吸収 シリコン ブラック

  • 発売日: 2017/09/13
  • メディア: エレクトロニクス

カメラはiPhone 8据え置きながら人物ポートレートモード対応

既に各所から情報が出ていますがiPhone SEに搭載されている12Mピクセルの背面カメラですが、ハードウェア自体はiPhone 8と同じものだそう。今時シングルカメラはかえって潔さがあります(?)。
新iPhone SEの背面カメラ、iPhone 8と同じ。iFixitが完全分解結果を発表 - Engadget 日本版

f:id:OKP:20200502154002j:plain

ただしCPUが最新のA13 Bionic(iPhone 8はA11 Bionic)になったことで、処理能力向上によりポートレートモードが使えるようになりました。残念ながら顔の入った人物撮影時のみですけども。
iPhoneで人を撮ることは滅多にないのでせっかくのポートレートモードの出番はなさそうですが、試しに手元にあったパンフレットの顔写真を撮ったらしっかり人間部分が認識されました(笑)

f:id:OKP:20200502144819j:plainf:id:OKP:20200502144835j:plain
f:id:OKP:20200502144825j:plainf:id:OKP:20200502144840j:plainf:id:OKP:20200502144846j:plainf:id:OKP:20200502144852j:plain

常用カメラアプリはシンプルカメラとHalide

今までカメラアプリは無音シャッターが切れる「Microsoft Pix」を使ってましたが、露出やWBが予想外に転んだり、画像の保存に失敗していたりすることもあり、またサポートも終了しているようなので、今回から「シンプルカメラ高画質」の有料版に変更しました。

シンプルカメラ高画質

シンプルカメラ高画質

  • KANAME OHARA
  • 写真/ビデオ
  • 無料

「Halide」はいわゆる「Camera+」や「ProCamera」などと同じ高機能タイプのカメラアプリ。RAW保存やMFの他、[DEPTH]機能で深度情報を付けた撮影が可能でし。
つまり人物意外の被写体でポートレートモードが使えるということですが、屋内の被写体で試した限りでは、標準カメラのポートレートモード(人物)程の認識や効果はないみたい。

Halide Mark II - プロ仕様カメラ

Halide Mark II - プロ仕様カメラ

  • Lux Optics Incorporated
  • 写真/ビデオ
  • 無料

標準カメラとHalideのDEPTH機能を使ったポートレートモード。一応背景ボケしていますね。

f:id:OKP:20200502144830j:plainf:id:OKP:20200502144900j:plain

ちなみに[DEPTH]機能はiPhone 8では使えなかったものなので、iPhone SEの処理能力だから使える機能であることは変わりないようです。

バッテリー容量は変わらないものの持続時間が延びている?

搭載バッテリーもiPhone 8と同スペック(1821mAh)だと報告されているiPhone SEですが、どうやらCPU(A13 Bionic)の省電力化の恩恵で駆動時間が延びているらしいとのレポートもあります。
iPhone SE、iPhone 8よりバッテリーが長持ちするケースも? | ギズモード・ジャパン

自分のiPhone 8は現在購入時の84%までバッテリーが劣化していることもありますが、氷点下の雪山などで落ちてしまうことも多発していました。バッテリーや周辺のハードウェアに大きな変化がなければ、そこまで寒冷対応しているとは思えませんが、省電力化の影響が多少フィールドでのバッテリー持ちにも影響してくれると嬉しいですね。

……といっても、冬シーズンのバッテリー耐性がテストできるまで、あと半月。その間にバッテリーも新品状態ではなくなってしまうのがやや残念です。

旧スマートフォンから切替が必要だったものメモ

昨年、iPhone8に切り替えたタイミングがネパール旅行出発の直前だったこともあるのですが、現在iPhoneに入れているアプリはかなり最小限にしています(フォルダ機能も極力使わず、しばらく使っていないようなアプリは定期的に削除)。

f:id:OKP:20200502021804j:plain

それでもアプリ毎の再ログインや再認証、旧スマートフォンから登録の切替が必要だったアプリ、サービスはいくつかあるので覚えている範囲でメモ。

  • 銀行系アプリのワンタイムパスワード:オンラインバンキング系のアプリは複数端末でログインできますが、決済などに必要なワンタイムパスワードが表示できるのは1台のスマートフォンのみ。電話を使った認証が必要だったりするので、早めに済ませてしまいます。
  • モバイルSuica:Walletに登録できるモバイルSuicaは1端末のみ。何かとUIの悪さが話題になるモバイルSuicaですが、機種変更に関しては比較的スムーズ。オートチャージ設定などもそのまま引き継がれます。
  • LINE:これも1端末のみ。
  • カシオ WSD-F30とのペアリング:スマートウォッチとスマホのペアリングも端末毎なので、メインのスマートフォンを変更したら再ペアリングしておくといいです。私の使っているカシオPROTREK Smartの場合、登山地図サービスのYAMAPもアプリとウォッチの再ペアリングがやはり端末ごとに必要となります(複数ウォッチとスマートフォンを使っているので全てやり直し)。

その他、ポイントカード(ヨドバシ、ビッグ、無印……)のログインを忘れていて店舗で戸惑わないように確認したり、観光地等での優待が多いJAFカードもお忘れなく。現状、実店舗での買物や旅行、登山から遠ざかっているだけに、忘れてしまわないうちに……。

常用アプリを減らしておくと何かとスムーズですね。

iPhone 8は下取りに出さずサブスマホへ

Apple StoreでiPhoneを購入する際にApple Trade Inで旧スマホを下取り可能ですが、iPhone8はそのままMVNOのSIMを入れて予備スマホとして運用します。最近は登山も旅行もスマートフォンの依存度が大きいので、すぐに使える状態で自分用の設定済みの予備スマホがあると何かと安心です。

f:id:OKP:20200502021748j:plain

iPhone7はさすがにもう必要ないかもしれませんが、128GBの容量があるので今後は車でiPodとして使われることになりそうです(今はその前に使っていたiPhone 6がその役目をしています)。

同じガラスフィルムを買ったけど周囲が少し浮いてしまう……

タッチパネルの保護フィルムはiPhone8で使っていた格安のガラスフィルムが全く問題なかったので(綺麗にフィルムを貼るための補助アイテムも付いてくるし)、同じものを注文したのですが、なぜか両脇が浮いてしまいました。

f:id:OKP:20200502021819j:plain

iPhone8のカラーはゴールド(表側はホワイト)だったので、浮きが目立ってなかっただけ?かとも思ったのですが(実際よく見たら少しだけ浮いているかも?)明らかに今回の浮き方は異常…… ですが、もう面倒くさいのでゴミが入ったり使用時にまで気になるレベルにならなければ(バックライトが点けば分からなくなります)そのままで。ダメになったら別の保護フィルムを買います。

追記:どうやらiPhone 8とiPhone SEのガラス面の処理が全く同一ではないために起こってしまう現象だそう。iPhone SE用に作られたガラスフィルムを使えば解決するそうです。
新「iPhone SE」は単に“爆速なiPhone 8”ではない いち早く試して判明した違い:本田雅一のクロスオーバーデジタル(3/3 ページ) - ITmedia PC USER
特に今は急を要さないので、外出自粛が緩和される頃になってiPhone SE専用フィルムの選択肢が増えた頃にでも考えることにします。

こちらもどうぞ