I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

Flickr Proの値上げが止まらないので、脱・Flickr課金の準備を進めることにした

長年お世話になっているFlickrですが、そろそろ有料会員(Flickr Pro)をやめることを考えています。

f:id:OKP:20220305221235j:plain

サービス、機能は停滞したまま値上げが止まらないFlickr

写真投稿サービスでは老舗のFlickr。写真コミュニティ的な機能も持つサービスですが、私の場合は単純にウェブアルバムとして使っていて、最大の目的はこのブログに貼るための写真置き場です。
2013年からFlickrを使い始め、記事内に大量の写真を貼ることが増えた2015年頃からは、記事単位のアルバムを作ってAdobe Lightroom ClassicのFlickr連携機能を使ってアップロードするようになりました。

f:id:OKP:20220305193702j:plain

nyk moog | Flickr

このはてなブログにも標準の写真貼り付け機能はあるのですが(ウェブアルバムサービス「はてなフォトライフ」と連携)、高解像度の写真をアップロードして、ブログには縮小版のサムネイルを張り込んで、希望する人にはリンク先で高解像度版の写真を見て貰うような使い方にFlickrは丁度良かったのです。
ある時期からは、はてなブログの編集画面から直接Flickr画像の貼り付けができるようにもなり(マウスオーバーで変な文字や情報が表示される形式で貼られてしまうのは嫌でしたが)、はてなブロガー的にも使いやすい写真投稿(ブログ貼り付け)サービスがFlickrでした。

余談ながらはてなフォトライフはサービスの機能停滞ではFlickrどころではないレベルで、画質的な不満も含めて言いたいことは色々あるのですが、少なくともはてなブログで使う分には安定感のある純正サービス。
最近はブログ中の写真もフォトライフで済ませてしまうことが増え、Flickrに写真をアップする頻度も減りましたが、レンズの作例や写真に力を入れた山行記事、旅記事の際にはFlickrのお世話になっていました。

SmugMugに買収されてから繰り返されるFlickr Proの値上げ

このFlickrですが親元が何度も変わっているサービスで、私がアカウントを作った頃は米Yahoo!の傘下、その後Yahoo!ごとベライゾン(Oath)の傘下となり、2018年には同じ写真投稿サービスであるSmugMugに買収されています。
Flickr - Wikipedia

SmugMugの買収後は無料アカウントでのアップロードは上限1000枚に制限されることとなり、それ以上の写真をアップしていたユーザーの一部は有料会員のFlickr Proに移行し(私もこのタイミングから課金ユーザー)、以後は毎年のように会費の値上げが続いている状況。
その間、サービスや機能が向上したことはなかったものの、写真を人質に握られてるので それまで無料ユーザーとして世話になった感謝と少しでもサービスを支えたい気持ちもあり課金を続けてきましたが、2018年の年会費が34.99ドル(これは早割的なプランで通常価格は49.99ドルかも?)だったのが、2022年現在の年会費は79.99ドルとものの4年で倍近くに値上がりしてます(もう少し前まで遡ると24.99ドルだったらしい)。

f:id:OKP:20220305193239j:plain

私もFlickrから送られてくるメールを常にチェックしてる訳ではないので、気がつくと値上がりしてるような状況で、またかよ…… という感じではありますが、さすがにほぼ毎日使ってる「はてなブログPro」の年額(¥8,434)よりも高い($79.99 ≒ 9,184円)のはちょっと解せない。

今となってはFlickrを積極的に使うこともなくなりましたし、過去にアップロードした写真を維持するために今後も上がり続ける可能性のある年会費を払い続けるのもそろそろ限界かなと。
また、現在のFlickrを見てている限り、この停滞状態から持ち直す可能性は感じられませんし、最悪サービス終了してしまう可能性まで考えると、Flickrへの依存は早いうちに極力減らしておくのが懸命でしょう。

さらに決定打、脱Flickr Proを決意

そのようなことをTwitterでつぶやきながら、同じような境遇のブロガーたちと「どうしたものかね……」と話していたのが数日前のこと。
そんな折に、過去にFlickr写真を貼った記事の一覧を見ているとアイキャッチのサムネイルが読み込まれてない記事がちらほらあります。その記事を開いてみると以下のような状態になっていて、リロードしても一向に写真が読み込まれてきません。まさかリンク切れを起こしている!!??

f:id:OKP:20220305195746j:plain


何かと思って記事の編集ページに入り再度公開したところ、無事写真が表示されるようになりましたが、気づかなければいつまでこの状態だったかも分かりません。
原因はFlickr側だけでなくはてなブログとの絡みの可能性もありますが、このことが決定打となり大量のブログ写真がいつまでもFlickrに置かれてる状況を解消する決意が固まりました。

12,588枚 → 1,000枚までの削減を目指す

ちなみにこの時点でFlickrにアップロードしていた画像の総数は12,588枚
全てをブログ記事に貼っている訳ではありませんが、これを無料ユーザー上限の1,000枚以下まで減らしつつ、ブログ側ははてなフォトライフ等に写真を再アップして貼り替えるとなると、どれだけの手間となるのか想像が付きません(単純に1記事に50枚のFlickr画像を使っていたとして、11000枚減らすのには220記事分の貼り替え作業……)。
WordPressにはFlickr画像を移行してくれるプラグインなどもあるそうですが、はてなブログの場合はちまちまと手作業で貼り替えて行くしかなさそうです?

Flickr Proを年額で更新してから長期戦で対処するのも良いですが(来年の値上がりの影響を受けない2年プランとか)結局先送りしてしまいそうな気がするので、決意としてまず月額プラン(8.59ドル)に切り替えて、1日数記事ずつでも地道に貼り替えて行くことにしました。10ヶ月以上月額で払うと年額よりも割高になってしまうので、なんとか2021年内に方を付けたいところです。

その過程で不要な写真や記事があれば整理するのもいいですし、なんなら重要な記事の写真貼り替えが終わった時点で、一部の過去記事は諦めてProプランを解約してしまうのもアリかもしれません。
強制的に1000枚まで写真が削除されたら(古い写真から削除されるらしい?)それはそれで気が楽になりますし、元データは全てローカルに残っているはずなのでリンク切れを見つけたら都度対応すればいいのかなと。

まずはLightroom Classicからアルバム単位でアップしてる写真から

さて、1万枚以上の写真を手作業で貼り替えるにしても、ちょっと先が見えないのでまずはLightroom ClassicのFlickr連携でアップロードした写真をアルバム単位で差し替えることから初めています。

f:id:OKP:20220305193236j:plain
Lightroom ClassicのFlickr連携アルバム

山行記事や旅行記は記事ごとにアルバムを作っているので、再度書き出してフォトライフにアップ、編集画面のプレビューを見ながら同じ写真に貼り替えたらLightroom側で削除。Flickr側だと一括削除はカメラロールで行う必要があるのでLightroomで削除できるのは助かります。

f:id:OKP:20220305193244j:plain
12,588枚 → 11,637枚

ということで新しめのFlickrアップロード分と記事から貼り替えをスタートし、現在2020年11月の立山記事までの貼り替えが終わったところ。Flickrには残り11,637枚。先の長い旅はまだ始まったばかりです……。


途中で挫折してしれっと2年契約してるかもしれません。

* *

Flickrをあくまでブログ用の写真置き場としか使っていなかった私の視点でしたが、私よりも昔から長年Flickrを使い続けていた方による有料会員との別離。Flickrがどのようなサービスだったか、Flickerの何が写真愛好家の心を掴んでいたのか(そして離れることになったのか)について関心のある方はこちらの記事もぜひ。


こんな記事もあります