I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

谷保天満宮・常磐の清水からトンボを探しながら青柳崖線沿いを府中用水 取入口へ歩く

本ページは商品、サービスのリンクにプロモーションが含まれています

トンボを探しながら府中用水を上流に向かって歩いてみました。

常磐の清水から用水路沿いを歩いてトンボを探す

トンボはどこに行けば見られるのか? やはり水辺かな…… ということで、久しぶりに府中用水へ。いえ、府中市内の府中用水沿いはしょっちゅう歩いてますが、今回は国立市エリアを多摩川の取入口まで。

スタートはJR南武線の谷保駅から谷保天満宮へ。


谷保天満宮の境内に続く段差は段丘崖。府中崖線(立川崖線)から青柳崖線が枝分かれするポイントです。

茅の輪ができていました。もうそんな季節ですね。大國魂神社にも奉納されていました。

改めて谷保天満宮について。そして茅の輪について。興味のある方は拡大すれば読めます。

弁天池と厳島神社。池にはアカミミガメ。


池の周りの段丘崖はアジサイ園になっています。


谷保天満宮の境内にある湧水「常磐の清水」。この湧水を水源にした流れは府中用水へと流れて行きます。


府中用水は多摩川から引いた水を水源として国立市、府中市、調布市の多摩川沖積面を流れて多摩川に合流する用水路です。一部は暗渠化されていますが、現在も多くの水路を見ることができます。
府中用水|農林水産|東京都産業労働局
府中用水 - Wikipedia

谷保分水とその支流を歩く

常磐の清水から流れ出していると思われる流れ。この他にも段丘崖に沿って流れる水路などもあります。府中用水とその支流はとにかく網の目のように枝分かれしているので、ちょっと歩いた程度では全容が掴めません。
これが谷保分水のさらに支流のひとつ(写真は府中方面)。

水路には魚が泳いでいます。オイカワでしょうか。

このあたりも谷保分水の支流にひとつだと思います。畑の向こうにも水路があります。向こうの小山は城山と呼ばれている青柳崖線の段丘崖。

城山へ。トンボは見なかった。

古民家の展示(旧青柳村古民家)。トイレをお借りしました。


ハケ下散策路はヤクルト中央研究所のお隣。

この流れが谷保分水の本流。


谷川おんだし、田んぼでアオモンイトトンボ

谷川(右奥)と谷保分水(手前)の合流、「谷川おんだし」。左奥はママ下湧水からの流れ。

家族連れのいい水遊び場になっていました。

いずみ大通りを渡ってママ下湧水に向かう周辺の水田でトンボ発見! アオモンイトトンボの♀?

これはアオモンイトトンボ♂ですね。

飛翔シーンを狙ってみる。

イトトンボはふわふわと飛ぶトンボなので比較的撮りやすいですが、まだまだ自分には難しい。


これは身体の色が違うから別の種類?と思ったけど、その他の特徴を見るとやっぱりアオモンイトトンボぽい。光って見えないのは角度によるものなのか、身体の色は結構個体差があるのかも……?


♀。泥にお腹突っ込んでいたのは産卵?


これは…… ♂? お腹を水につけてる意味は特にない?

ハクセキレイ。トンボを撮っていて突然鳥を見ると小鳥でも巨大に感じます。


ママ下湧水公園

トンボを見だすとなかなか先に進めません。「ママ下湧水公園」。

トンボはいなかった。

マルタニシが放流されていたらしい。日本原産のタニシですが、本来いない場所に放してしまったら外来種。こんな市民の憩いの場のような場所でも、このような勝手なことをする人がいるのですね。

住宅地の空き地の上を飛んでいたオレンジ色のトンボ。あまり住宅地でカメラを振り回す訳にもいかずこれ以上は断念……。もう少し同定できる材料が欲しかった。頭が大きそうだしウスバキトンボとか?


府中用水 谷保堰

再び府中用水。正面で流れが2つに分かれているのが分かりますでしょうか。

ここが谷保堰です。

右側が府中用水の本流。左が谷保分水、左側に緩やかにカーブして矢川おんだしに向かいます。

分水ポイント。ここは下に構造物があるのか、ただ草が茂っているのか?

コンクリートはここで切れているようです。

別角度から。

府中用水を遡ります。


この辺りの流れはかなり大きいですね。

目が黒っぽく写っているけどシオカラトンボよね?

府中用水沿いを歩けるのはここまで。以前来た際も変な場所に府中用水の看板があると思いましたが、府中用水がその姿を見せて最初に一般道から見られるのがここだったのですね。

用水沿いを歩けないので青柳崖線の上に出ます。自転車がやたら走ってると思ったら、多摩川沿いの多摩サイが一旦切れてしばらく住宅地を走らされる区間みたい。


府中用水 取入口(府中用水取水樋門)

多摩川に出ました。あれ、眼の前に(左右を横切る)府中用水があるはずがどこだろう……?

府中用水 取入口の看板がありました。

圦樋前改築記念碑。大正五年3月。

これが 取入口。すぐに用水は地上には現れずしばらく地下を流れているようです。

上流側。正面が多摩川の上流方向。右手前に取入口、余分な水は左手から多摩川へ流れています。手前のコンクリートは増水時に多摩川に水を流す越流堤になっているのだと思います。

緑川排水桶管。先程上から眺めた流れ出しは、暗渠となっている緑川のようです。恐らくこの流れ込みの下を府中用水が立体交差して流れているはず!?

左のオレンジ色のフェンス下あたりが府中用水 取入口の水面。


多摩川で見たトンボ

シオカラトンボ。

シオカラトンボの他に、緑川排水桶管の周辺を元気に飛び回ってるトンボがいます。

これは知ってる、そうコシアキトンボ!

都市公園だけでなく多摩川にもいましたコシアキトンボ。やっぱり人工物が好きなのかな?

集中しないとなかなか撮れないので、遠目に撮ってこれ以上は諦めました(笑)

たぶんこの奥が府中用水。

用水路の際に行きたいのですが私有地ぽくちょっと無理みたい……。

多摩川河川敷公園、奥に見えているのが中央自動車道。

青柳崖線の手前に府中用水(見えてない)。

万願寺渡船場跡。

多摩サイ迂回ポイント。ここからは矢川駅に戻ってこの日は終了。

前々回からトンボ散歩のお供に文一総合出版の「トンボハンドブック」を携行しています。

コンパクトな新書サイズでフィールドで写真を見ながらトンボの同定ができます。ビニールカバーが掛かっているので、水辺での使用にもピッタリですね。

用水路歩きは鳥見を目的にするとちょっと物足りない(特に都市部は出会える種類が決まりがち)ところもありますが、トンボだとなかなか新鮮ですね。とはいえサクサク歩いてしまうと見逃してしまいますし、じっくり観察や撮影を初めてしまうと時間を撮られてしまうので長距離の移動は難しいかも。
ゴールは決めずに今回はこの周辺を…… ぐらいの気持ちで歩くのが良さそうです。